セ・リーグとは?どんなチームがある?在籍チームや歴代の順位、優勝回数などを徹底解説!

セ・リーグってなに…?
セ・リーグに在籍しているチームを知りたい…!

この記事はそんな方に向けて、

  • セ・リーグとは何か
  • セ・リーグに加盟しているチーム
を解説します。
さらに、
  • セ・リーグのチームの過去の順位や戦績
  • チーム別優勝回数と優勝年
も合わせて解説しますので、プロ野球初心者の方も読むだけで一気にセ・リーグに詳しくなれちゃいます!

まーく

ちなみに、この記事は、野球歴25年以上の野球マニアである、私まーくが書きました。みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

セ・リーグとは?

セ・リーグとは『セントラル・リーグ』の略で、日本のプロ野球リーグのひとつです。
日本のプロ野球は『セントラル・リーグ』と『パシフィック・リーグ』(パ・リーグ)のふたつのリーグで成り立っています。
現在では、それぞれのリーグに6チームが所属し、計12チームが日本のプロ野球チームです。

そして、セ・リーグ、パ・リーグのチームはそれぞれ下記のスケジュール感で試合を進めていくのです。

  • 3月下旬
    レギュラーシーズン開始
    セ・リーグ/パ・リーグそれぞれ、全143試合(1チームあたり)を戦うレギュラーシーズン(リーグ戦125試合+セ・パ交流戦18試合)がスタートします。
  • 5月下旬~6月中旬
    セ・パ交流戦
    レギュラーシーズンではセ・リーグ/パ・リーグは別々に戦いますが、『セ・パ交流戦』として18試合、セ・リーグとパ・リーグのチームが戦います。
  • 7月中旬
    前半戦終了&オールスターゲーム
    前半戦が終了し、セ・リーグ、パ・リーグからファンの人気投票+監督推薦で選手が選ばれ、試合を行う『オールスターゲーム』が実施されます。
  • 7月中旬
    後半戦開始
    オールスターゲームが終わり、数日空けてレギュラーシーズンの後半戦がスタートします。
  • 10月上旬
    レギュラーシーズン終了
    この時期までにレギュラーシーズンの順位が確定しています。
  • 10月中旬
    クライマックスシリーズ
    レギュラーシーズンでリーグの1位から3位までのチームが『クライマックスシリーズ』に出場し、
    セ・リーグ、パ・リーグそれぞれ、トーナメント形式で優勝を争います。レギュラーシーズンで上位だったチームにアドバンテージがあります。
    ※詳しくは別記事にて解説
  • 10月下旬~11月上旬
    日本シリーズ
    セ・リーグのクライマックスシリーズの勝者とパ・リーグのクライマックスシリーズの勝者が『日本一』をかけて戦います。
    最大で7試合行い、先に4勝した方が『日本一』となります。

セ・リーグに在籍しているチーム

現在、セ・リーグに在籍しているチームは下記です。
気になるチームがある方は、チーム名にチーム紹介記事のリンクをつけていますので、確認してみてください。

チーム名 本拠地
広島東洋カープ MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(広島県広島市南区)
東京ヤクルトスワローズ 明治神宮球場(東京都新宿区)
読売ジャイアンツ 東京ドーム(東京都文京区)
横浜DeNAベイスターズ 横浜スタジアム(神奈川県横浜市中区)
中日ドラゴンズ ナゴヤドーム(愛知県名古屋市東区)
阪神タイガース 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)

2000年以降の各チームの順位と戦績

それでは、各セ・リーグのチームの2000年以降の順位の推移と戦績を見てみましょう。

セ・リーグの順位推移と戦績

広島東洋カープ

2012年以前はBクラスの常連だった広島東洋カープ。
近年は常勝軍団へと進化し、2016年からセ・リーグ3連覇を成し遂げました。
この強さをいつまで維持できるのか、注目です。

広島東洋カープ、2000年以降の順位

広島東洋カープデータ

広島東洋カープ過去10年間の戦績
年度順位戦績クライマックスシリーズ日本シリーズ
2009565勝75敗4分----
2010558勝84敗2分----
2011560勝76敗8分----
2012461勝71敗12分----
2013369勝72敗3分ファイナルS敗退--
2014374勝68敗2分ファーストS敗退--
2015469勝71敗3分----
2016189勝52敗2分優勝敗退
2017188勝51敗4分ファイナルS敗退--
2018182勝59敗2分優勝敗退

東京ヤクルトスワローズ

毎年十分な戦力を持ちながら、ケガ人などに泣かされてきた東京ヤクルトスワローズ。
特に『火ヤク庫』と称される爆発的な打線は、一度火がつけば手がつけられません。
課題の投手力が安定さえすれば、いつ優勝してもおかしくありません。

東京ヤクルトスワローズ、2000年以降の順位

東京ヤクルトスワローズ_順位

東京ヤクルトスワローズ過去10年間の戦績
年度順位戦績クライマックスシリーズ日本シリーズ
2009371勝72敗1分ファーストS敗退--
2010472勝68敗4分----
2011270勝59敗15分ファイナルS敗退--
2012368勝65敗11分ファーストS敗退--
2013657勝83敗4分----
2014660勝81敗3分----
2015176勝65敗2分優勝敗退
2016564勝78敗1分----
2017645勝96敗2分----
2018275勝66敗2分ファーストS敗退--

読売ジャイアンツ

常勝を宿命づけられ、ほとんどAクラス入り(シーズン3位以上)をしていた読売ジャイアンツ。
ここ近年は主力の高齢化、若手の育成失敗で苦しめられています。
2019年以降、常勝軍団の帰還は見れるのでしょうか。

読売ジャイアンツ、2000年以降の順位

読売ジャイアンツ順位

読売ジャイアンツ過去10年間の戦績
年度順位戦績クライマックスシリーズ日本シリーズ
2009189勝46敗9分優勝日本一
2010379勝64敗1分ファイナルS敗退--
2011371勝62敗11分ファーストS敗退--
2012186勝43敗15分優勝日本一
2013184勝53敗7分優勝敗退
2014182勝61敗1分ファイナルS敗退--
2015275勝67敗1分ファイナルS敗退--
2016271勝69敗3分ファーストS敗退--
2017472勝68敗3分----
2018367勝71敗5分ファイナルS敗退--

横浜DeNAベイスターズ

Bクラス(4位以下)が常連だった横浜DeNAベイスターズ。
ここ数年は若手の台頭により力をつけ、優勝候補になるほど力をつけてきました。
成長の伸びしろはセ・リーグNo1です。

横浜DeNAベイスターズ、2000年以降の順位

横浜DeNAベイスターズ順位

横浜DeNAベイスターズ過去10年間の戦績
年度順位戦績クライマックスシリーズ日本シリーズ
2009651勝93敗----
2010648勝95敗1分----
2011647勝86敗11分----
2012646勝85敗13分----
2013564勝79敗1分----
2014567勝75敗2分----
2015662勝80敗1分----
2016369勝71敗3分ファイナルS敗退--
2017373勝65敗5分優勝敗退
2018467勝74敗2分----

中日ドラゴンズ

Aクラス常連だった中日ドラゴンズ。
ここ数年は主力の世代交代に失敗し、チームは低迷しています。
若い力を育成し、また黄金時代を取り戻せるのでしょうか。

中日ドラゴンズ、2000年以降の順位

中日ドラゴンズ順位

中日ドラゴンズ過去10年間の戦績
年度順位戦績クライマックスシリーズ日本シリーズ
2009281勝62敗1分ファイナルS敗退--
2010179勝62敗3分優勝敗退
2011175勝59敗10分優勝敗退
2012275勝53敗16分ファイナルS敗退--
2013464勝77敗3分----
2014467勝73敗4分----
2015562勝77敗4分----
2016658勝82敗3分----
2017559勝79敗5分----
2018563勝78敗2分----

阪神タイガース

ここ数年、優勝まであと一歩届かない阪神タイガース。
ついに2018年は最下位にまで転落してしまいました。
ここから再度盛り返すことができるのでしょうか。

阪神タイガース、2000年以降の順位

阪神タイガース順位

阪神タイガース過去10年間の戦績
年度順位戦績クライマックスシリーズ日本シリーズ
2009467勝73敗4分----
2010278勝63敗3分ファーストS敗退--
2011468勝70敗6分----
2012555勝75敗14分----
2013273勝67敗4分ファーストS敗退--
2014275勝68敗1分優勝敗退
2015370勝71敗2分ファーストS敗退--
2016464勝76敗3分----
2017278勝61敗4分ファーストS敗退--
2018662勝79敗2分----

チーム別、歴代優勝回数と優勝年

セ・リーグが創設されてからの歴代の優勝回数と優勝年を表にしました。
こう見ると、読売ジャイアンツが過去、圧倒的に強かったのがわかりますね。
一方で最も回数が少ない横浜DeNAベイスターズは、まだ優勝経験が2回しかありません。
各チームが今後、いかに歴史を積み重ねていくのか、楽しみですね。

チーム 優勝回数 優勝年
巨人 36回 1951・1952・1953・1955・1956・1957・1958・1959・1961・1963・1965・1966・1967・1968・1969・1970・1971・1972・1973・1976・1977・1981・1983・1987・1989・1990・1994・1996・2000・2002・2007・2008・2009・2012・2013・2014
広島 9回 1975・1979・1980・1984・1986・1991・2016・2017・2018
中日 9回 1954・1974・1982・1988・1999・2004・2006・2010・2011
ヤクルト 7回 1978・1992・1993・1995・1997・2001・2015
阪神 5回 1962・1964・1985・2003・2005
横浜 2回  1960・1998

以上がセ・リーグに関する解説でした。ぜひ参考にしてみてくださいね。
パ・リーグについても詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
パ・リーグまとめパ・リーグとは?どんなチームがある?在籍チームや歴代の順位、優勝回数などを徹底解説!

まーく

参考になれましたでしょうか?みなさまが楽しい野球ライフを送れることを願っています!