バッター必見!ホームランの打ち方の極意(コツ)とは?

野球をやっていれば誰しも一度は思ったことがあると思います。

ホームランが打ちたい…!!

ホームランは野球の魅力的なプレーの一つで、豪快なホームランに皆憧れ、そのために切磋琢磨します。
ではそのホームランを打つためにはどうすればいいのでしょうか?そもそもそんな方法はあるんでしょうか?

この記事では、ホームランを打つにはどうすればいいか、解説していきます。

まーく

ちなみに、この記事は、野球歴25年以上の野球マニアである、私まーくが書きました。みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

ホームランを打つための魔法はない

残念なことに、ホームランを打つためのとっておきの魔法はありません。何か一つのことを意識したり改善するだけで劇的に打てるようになることは、プロ野球選手のようにハイレベルなステージまで積み上げてきた技術がない限りは、なかなかありえないでしょう。
しかし、ホームランバッターにはいくつか共通点もあります。

基本的なバッティング動作はできているか?

まず確認したいのは、”基本的なバッティング動作はできているか?”という点です。
野球のバッティングのコツと自分でできる練習方法まとめ【保存版】野球のバッティングのコツと自分でできる練習方法まとめ こちらの記事や、そのリンク先の記事で詳しく解説していますが、
下半身で生み出したパワーをスムーズにバットまで伝えるための体の使い方ができているかどうか、
が非常に重要で、これができていないと、そもそもフェンスを越えるようなホームラン性の打球を試合で打つ可能性はグッと下がってしまいます。
逆にこの基本さえ押さえられていれば、ホームランはもちろん、ヒット性の当たりをかなり高確率で出すことができる、素晴らしいバッターになれるでしょう。
各動作の詳しい解説や練習方法については上記記事を確認して見てくださね。

力強いスイングで振り抜く

先ほどの基本動作にも関連していますが、そもそも力強いスイングができているかどうかも重要です。
例えば、ただボールに当てようとするだけのスイングや、腕が縮こまったコンパクトすぎるスイングでは、なかなかホームランは打てません。
基本動作を押さえた上で、力みのない、リラックスした鋭く力強いスイングが理想です。
例をあげるとすると、2018年からベイスターズに加入しやソト選手のように、癖がなく、それでいて鋭く、ヘッドの効いた力強いスイングがお手本になるかと思います。


真芯ではなく、ボールの中心のやや下を打つ

ボールの真ん中ではなく、少し下を捉え、バックスピンをかけるようにしてボールに角度をつけるというのは多くのホームランバッターが言っていることです。
こちらの記事でも解説しましたが、『ボールに対してレベルスイング、地面に対してややアッパーなスイング』でボールの下を叩くことで、最もボールの飛距離が伸びると言えるでしょう。逆に、真芯を捉えると、ドライブ回転や回転が少なかったりして、ボールが上がらず、低く鋭い打球になります。

筋肉量も重要

バッティングは体全身の筋肉を使うので、例えばラグビー選手のように大きな体格は必要ありませんが、筋肉量が多いに越したことはありません。(もちろん、その使い方、連動のさせ方で生み出されるパワーが決まりますが。)
特定の部位だけの筋肉ではなく、体全身の筋肉をバランスよくアップさせることと、それらを動かす方法を訓練することで、より大きなパワーが生み出されるようになります。トレーニング内容などは別記事で解説しますが、ウエイトトレーニングなどもしっかりと取り入れて、筋肉量を増やしていくことが、ホームランにも繋がります。

以上が、ホームランの打ち方でした。ぜひ参考にしてみてくださいね。みなさまの野球人生がより良いものになりますように。
いつかこんなホームランがバンバン打てるようになりましょう。


ブックマークしておこう1
野球のバッティングの仕組み、打てるようになるためのコツを解説した記事を一覧で見れるようにまとめました。
あわせて、自分でできる練習方法も一覧にしていますので、ブックマークをすると便利ですよ。 野球のバッティングのコツと自分でできる練習方法まとめ【保存版】野球のバッティングのコツと自分でできる練習方法まとめ
ブックマークしておこう2
試合で打てるようになるためのコツや考え方を解説した記事を一覧で見れるようにまとめました。
ブックマークをすると便利ですよ。
試合で打てるようになるためのバッティングのコツ【保存版】試合で打てるようになるためのバッティングのコツ・考え方まとめ
その他、バッティング上達のためのコツを解説した記事はこちらです。ぜひ参考にしてみてくださいね。