ピッチャーをするならオーバー・スリークォーター・サイド・アンダー、どれで投げるべき?

この記事では、全ての野球プレーヤーと指導者の方のために、ピッチャーを初めてやる場合、もしくはピッチングフォームの見直しなどの際に役立つように、オーバー・スリークォーター・サイド・アンダー、どの投げ方が投げやすいのか、について解説します。

まーく

ちなみに、この記事は、野球歴25年以上の野球マニアである、私まーくが書きました。みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

投げ方にはオーバー・スリークォーター・サイド・アンダーの4種類ある

まず、ピッチャーの投げ方には大きく4種類あります。

オーバスロー

プロ野球だと、ベイスターズの濱口選手のように腕を上から振り下ろす、背負い投げのような投げ方です。


スリークォータースロー

肩の斜め上あたりから腕を出す投げ方です。例えばベイスターズのパットン投手のような投げ方がわかりやすいでしょう。


サイドスロー

体の真横から腕を出す投げ方です。例えばダイヤモンドバックス傘下→ベイスターズに移った中後投手などがわかりやすいかと思います。


アンダースロー

体の下、地面すれすれあたりから腕を出して投げる方法がこれです。渡辺俊介投手や牧田和久投手が代表的です。


どの投げ方が良い・悪いはなく、どの投げ方のピッチャーでも、素晴らしいピッチャーがたくさんいます。なので、ピッチャーをやっている人・これからやる人はまず自分で色々投げて試してみて、しっくりくる腕の出し位置を探すのが良いでしょう。

スリークォータースローが体への負担が少ない

どの投げ方でも原則は問題ないのですが、一般的には、肩や腕の動きに無理がない、スリークォータースローが最も体への負担が少なく、投げやすいと感じる人が多いでしょう。もっと厳密にいうと、頭の後ろで両手を組み、肩甲骨を後ろに引き寄せた時の肘の位置を『ゼロポジション』と言います。その『ゼロポジション』の肩と肘の位置が最もスムーズに腕が旋回しますので試しにやってみてください。この肘と肩の関係は、サイドスローであっても、オーバースローであっても変わらず、体の傾きが変わるだけと思っておいてください。

肘の高さに注意

先ほど、どの投げ方であっても問題ないと説明しましたが、1つだけ気をつけるべき点があります。それは先ほど説明した『ゼロポジション』よりも下の位置に肘が来る場合、投げ続けていると肘を怪我する恐れがあります。特に肘の位置が両肩を結んだラインよりも低くなっている場合は、肘に相当負担が来ますので注意してください。

以上が投げ方についての説明でした。まずはスリークォータースローから始めてみて、しっくりくる腕の出し位置を探してみましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。みなさまの野球人生がより良いものになりますように。