インフィールドフライとは?さらに関連するプレーも徹底解説!

野球には『インフィールドフライ』というルールがあります。起こる頻度は多くはないですが、認識がないと大きなミスや失点につながりますので、プレーヤーはマストで知っておくべきルールでしょう。
この記事では、全ての野球プレーヤーと指導者の方のために、『インフィールドフライ』とそれに関連するプレーについて解説します。

インフィールドフライトとは?

インフィールドフライとは、

  • 0アウト or 1アウト
  • ランナーが1塁2塁 or 満塁
という状況で、フライボールが飛んだ時、内野手が普通に守備をすれば捕球できるであろう(もしくは捕球体勢に入った)と審判が判断した場合に『インフィールドフライ、バッターアウト!』と宣告されれば、バッターは捕球をされる前にアウトになる、というルールです。

まーく

ちなみに、この記事は、野球歴25年以上の野球マニアである、私まーくが書きました。みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

なぜインフィールドフライは宣告されるの?

なぜこのようなケースでバッターが捕球前にアウトになるかというと、内野手が捕球するフリをして、わざと打球を捕球せず、『ダブルプレー』を取ることを防ぐためです。
そのような敵を騙すようなプレーは認めませんよ、というルールなのです。
ただし、これはランナーが1塁3塁の場合は適用されないので注意してください。

インフィールドフライはバントは適用外

また、インフィールドフライはバントも適用外です。なぜなら、バントのフライは小フライになることが多いからです。

インフィールドフライはボールインプレイ

よく間違われるのは、インフィールドフライはボールデッドではなく『ボールインプレイ』であるという点です。
よって、当然守備側にスキがあればランナーは走っていいですし、逆に守備側も、ランナーがぼーっとして塁に戻っていなければ、タッチすればアウトになるのです。

インフィールドフライではランナーはリタッチが必要

インフィールドフライはインプレイですので、『タッチアップ』も起こり得ます。
その際は、通常のフライと同じように、リタッチしてスタートをする必要があります。
しかし、万が一野手が落球してしまった場合は、リタッチする義務はありませんので、落球したのを見て、次の塁に進んでも大丈夫です。

インフィールドフライのボールを落球したらどうなる?

インフィールドフライを野手が落球してしまった場合も、インプレイとしてプレーは続行されます。
バッターがアウトになっているので、ランナーには進塁の義務はありませんので、たとえ落球したとしても、あわてて進塁する必要はありません。
また、守備側に関しても、バッターがアウトになっていますので、ランナーをアウトにする場合は、フォースアウトではなくタッチアウトが必要になります。

インフィールドフライが宣告された後にボールがファウルゾーンに落ちたら?

もしインフィールドフライが宣告された後にボールがファウルゾーンに落ちたら、それはファウルとなります。
ただし、野手がボールにフェアゾーンで触れて、そのあとファウルゾーンにいった場合は、インフィールドフライは適用されますので、バッターアウトでインプレイです。

以上が、インフィールドフライとそれに関連するプレイの解説でした。ぜひ参考にしてみてくださいね。みなさまの野球人生がより良いものになりますように。